coconi

Arbol y Viento ~卯月の頃、春風のおくりもの~

2022年4月16日(土)

Arbol y Viento (アルボリビエント)

アンデス・ジャズ・ブルースなどをベースとし、四季折々の美しい風景などからインスピレーションを得たオリジナル曲を中心に活動する。1stアルバム「羽風の舞う時」発売中。


[ケーナ・サンポーニャ] 勝野勉 Katsuno Tsutomu

大学にてアンデス音楽と出会い、ケーナ・サンポーニャの演奏活動を開始。2007年に南米ボリビアへ渡航し、ケーナ修行を行う。ケーナをロランド・エンシーナス氏に師事すると共に、彼が主宰する現地の楽団「ムシカ・デ・マエストロス」に参加。他にサンポーニャをカルロス・ポンセ氏に師事した。帰国後は京阪神を中心に活動。フォルクローレグループ「MAYA」のサポート演奏も行う。楽器のもつ響きに重きを置き、芯のある音色には定評がある。ケーナ・サンポーニャの魅力を一人でも多くの人に伝えるべく、物静かな外見の中に熱い闘志をたぎらせて、今日も笛を吹き続ける。 Web


[ギター] 正木良久 Masaki Yoshihisa

ブルースロックギターを軸に、ジャズ、カントリー、ポップス、民族音楽等、様々な音楽の要素を取り入れ、そこに四季折々の風景等からインスパイアされた独自の楽曲制作を目指すギタリスト。15歳よりギターを始め、パンクバンドを結成し音楽活動を始める。専門学校やギタースクールで、松田茂樹氏・古川健次氏・持永修氏・伊藤浩次氏に師事、ジャズギターを竹田一彦氏に師事する。その後YAMAHAポピュラーミュージックや、自宅教室等でギター講師を務めながら、Arbol y Viento等のユニットや個人での活動、Youtube(正木良久のギターの旅チャンネル)でのLIVE配信、動画制作等精力的に活動中。3児の父。 Web


[ゲストボーカル] 江崎愛 Ezaki Ai

京都出身。幼少よりピアノを始め、学生時代よりバンドのボーカルを担当。ヤマハ音楽院を卒業し、各地でライブやコンサートなどを行う。後に毎日放送「明石家電子台」のオープニングコーラスで三年間レギュラーを務める。ボイストレーナーとしてのレッスン歴は長年にわたり、現在はEXPG STUDIO BY LDHの大阪校・京都校でもボーカル講師として育成に取り組んでいる。2010年よりゴスペルコーラスグループ「VOJA」へ加入。2012年ばんばひろふみ氏アルバム「Made in KYOTO」にコーラス参加、フォークコンサート「京の旅人」にばんばひろふみ氏のコーラスとして出演。2018年VOJAのアルバム「We are VOJA」に参加。ラジオやTV出演、コンサートなど多くのアーティストとともに各地で活動を展開している。


  • 開場 14:00 / 開演 15:00
  • ご予約 3000円 / 当日 3500円 +1ドリンク600円
  • 感染症対策のため、席数を限定して開催いたします。

ご予約・お問い合わせ

イベント
お名前
お問い合わせ内容
お電話番号
メールアドレス

※お送りいただいた情報は、内容に関係する対応以外に使用しません。

© coconi 京都宇治